研修医ブログ

研修医が綴る、東医療センターでの日々のひとこま。
現役研修医がその時、その場で感じた生の声をお届けします。

新着記事

救外日誌2019.12.02

2019年11月

11月○日(2年 成人担当)

眼科の当直の先生がいて細隙灯や、フルオレセイン染色を行っているのを見れてとても貴重でした。

今日は忙しい1日でした。意識障害→くも膜下出血、頭部打撲、頭部打撲・・・と脳外科がスパークしていました。
つられて他の科も急増していて救急センターの忙しさを味わいました。

11月△日(1年 成人担当)

ルートが全然とれなくて落ち込みましたが、だいぶ独り立ちにも慣れました。
素晴らしい先輩方との当直もあと半年を切ったかと思うと心寂しいです。

救外日誌2019.11.01

2019年10月

10月○日(2年 成人担当)

体感40人くらい診たのではないかと思うくらい皆で忙しい日です。
虫垂炎は深くて難しいです。あと血ガス勉強します。

10月△日(1年 成人担当)

ついに一人立ちデビューでしたが、初コールはほかの先生のセコンドでした。
問診も取りながら検査をテンポよく進めていくの難しかったです。
突発性食道破裂、国試で勉強している時は実際に遭遇するとは思いませんでした。

救外日誌2019.10.01

2019年9月

9月○日(2年 成人担当)

37.1℃で筋肉痛の人がCRP20超えして入院適応になっていました。身体所見をもっと探れば良かったと思いました。

9月△日(1年 成人担当)

心不全の患者さんが来られました。
息苦しいのに我慢してしまっていたのもあり即入院レベルになっていました。
必要な時には受診していただきたいものですね。

研修医ブログ2019.09.17

ケラマブルー

こんにちは研修医2年目Jです。 7月の1ヶ月間は沖縄の豊見城中央病院の循環器内科で研修させていただきました。

研修医向けのレクチャーや症例発表もおおく忙しいなかでも学びは多く有意義な時間を過ごすことができました!

8月1日、2日と夏休みをとって座間味島でダイビングをしてきました!

人生初のダイビングで海がこんなにも美しいとはおもいませんでした…世界観がかわりますね!

救外日誌2019.09.01

2019年8月

8月○日(2年 成人担当)

何となく脱力がある人でMRI撮ったら脳梗塞でした。診察大事!

8月△日(1年 成人担当)

今回はカルテを書きながらオーダーすることを意識しました。
問診は話を聞くだけになってしまうので、鑑別を想像しながら診察できるようになりたいです。

救外日誌2019.08.01

2019年7月

7月○日(2年 成人担当)

脳外の意識障害で来た人、帰そうとしたら一気に下血してレベルも血圧も下がりました。
久々にこわい救外でした。初心忘るべからずですね。

7月△日(1年 成人担当)

点滴、採血、血培を結構やりました。血ガスも勉強になった!!!

救外日誌2019.07.04

2019年6月

6月○日(2年 成人担当)

SAHにイレウスにと本物がよく来た1日でした。
件数は多くなかったけど、ほぼ貫徹でした。
久々のイレウス管、楽しかったです。1年生が1人で診察→上診→帰すところまでやってくれてて頼もしかったです!!

6月△日(1年 成人担当)

2年生のDrと一緒に腹部エコーを数回施行することが出来ました。
水腎症の所見を見つけることが出来たり、妊娠している女性の腸管浮腫の所見を見つけられました。
講習などでコツをつかみたいです。

救外日誌2019.06.28

2019年5月

5月○日(2年 成人担当)

今日は救急外来で積極的にエコーを使っていきました。水腎症の強化を脳外科のDrに教えていただき非常にためになりました。腹部、心臓などエコーで評価できるようになりたいです。

5月△日(1年 成人担当)

MGの患者の胸痛ということでクリーゼを考えましたが、身体診察は鼓音や呼吸音減弱を示し、CTで明らかな気胸でした。色々な検査が大事だなと思うと共に疑うことの大切さを感じました。

研修医ブログ2019.05.27

トータルマネジメント

こんにちは。一年目研修医のCです。

内科を回り始めて1ヶ月半程経ちました。 内科では、患者さんを主治医として担当します。

今は4人の担当患者さんがいます。検査をオーダーしたり、検査結果を見て、薬の投与量や食事などを変えたり、処方薬を出したりする事に、日々手一杯なってしまいますが、医師は患者さんが退院できるよう、今後の生活も含めてマネジメントする事が求められています。

ご高齢の患者さんにとって、たとえ入院期間が短くてもリハビリをしないでいる事は危険です。家族などから入院前のADLをよく聞き、スムーズに退院できるよう、調整しなければなりません。

私の指導医は、班のすべての患者さんを詳細に把握していながら、私の患者さんの一つ一つの検査結果、身体所見等を一緒に吟味し、優しく、真剣に指導してくださいます。

尊敬できる先生方に囲まれて、良いスタートが切れそうです。これからの研修生活も楽しみです。

写真は、チームの先生が買ってきてくださったお菓子です。

あまりにかわいくて癒されました。

研修医ブログ2019.04.22

お花見

トータルマネジメント

こんにちは2年生のAです。平成も移り変わり新しい年号になった4月1日。いよいよ研修医2年となりました。

思えば、ついこの前まで学生だったのが懐かしく感じます。さて、東京では、桜が満開になりました。2年生同士で桜の名所である飛鳥山に行ってきました。

山は混雑していましたが、綺麗な桜を見ることができました。桜の花言葉は知りませんが、見ていると新たな気持ちになります。

飛鳥山は、8代将軍吉宗が江戸庶民の行楽の地とするために桜を植えたのが始まりらしいです。

600本の桜があるそうです。歴史がわかるとまた別の観点で楽しめます。

慣れてきたと同時に、この1年で、どれだけ成長したのか時々思い悩むことが多々あります。後輩も入ってきます。

この1年気を引き締めて頑張っていこうと思います。

  • 1
  • 2