初期臨床研修について

放射線科のご紹介

部長 鈴木 滋 教授

東医療センター放射線科は、最新画像診断装置を設置しています。また、患者さんへの医療被ばくを最小限にとどめる配慮と質の高い読影(画像診断)に日々努めております。

ホームページへ

研修医を目指す方へぜひ伝えたいこと

 放射線科では、核医学を除く画像診断及びinterventional radiology (IVR) に関与し、当院のあらゆる科と連携しています。これら画像診断やIVRの基礎を習得することは、将来どの科を選択するとしても不可欠といます。当科では、各自の希望・自主性を考慮し、専門医スタッフが中心となって指導・教育を担当しています。
 当科での研修は好評を博しており、当院のみならず、関連病院も含め、毎年多数の初期研修医が当科で研鑽を積んでいます。

診療内容

診療科の構成

画像診断、血管内治療(Interventional Radiology)

特徴および特色

 当科では、最新画像診断装置を駆使し、各診療科から依頼に応じて、質の高い検査・読影を行っています。また、スタッフの人間関係が良好であり、チームとして安全性にも十分な配慮を行っています。
 初期研修医に対しては、分かりやすいミニレクチャ―、豊富なティーチングファイルに基づく実践的な読影指導を行っています。特に、急性腹症のCT、胸部エックス線写真の読影指導に力を注いでいます。

主な検査項目

  • CT検査
  • MRI検査
  • 血管撮影検査
  • X線単純撮影検査
  • X線TV透視検査
  • 骨密度測定検査

主な手術・処置

造影剤(ヨード造影剤、ガドリニウム造影剤)の副作用発生時の初期対応
血管系IVR(血管塞栓術)
非血管系IVR(CT下生検、CT下ドレナージ)