初期臨床研修について

整形外科のご紹介

部長 千葉純司教授

診療、研究、教育といった大学病院の本来持つべき機能の面でも大きく発展するよう努力し、すべての方に満足していただける科でありたいと思っております。

ホームページへ

研修医を目指す方へぜひ伝えたいこと

当科は大学病院の専門性の高い治療と市中病院の一般的な疾患の治療と両方学ぶ事が出来るのが特徴です。
また関節リウマチや変形性関節症等の慢性期疾患に対する治療とスポーツ損傷や骨折などの急性期疾患に対する治療と両方を学ぶ事が出来ます。
そして手術だけでなく関節リウマチに対する生物学的製剤での治療やスポーツ障害に対する体外衝撃波治療器での治療等も積極的に行っています。

診療内容

診療科の構成

膝関節外科、股関節外科、脊椎外科、手の外科、スポーツ整形外科、リウマチ外科
班制を取っており、教授(准教授)、中堅、若手が一つの班となり診療にあたっています。

特徴および特色

人工膝関節置換術や人工股関節置換術等の慢性疾患に対する手術を行っていますが、単純骨折などの一般整形外科を診て、また当院は三次救急も行っているため救急整形外科も学ぶことができます。
また膝の前十字靭帯再建術や関節鏡視下半月板手術などのスポーツ整形外科、頚椎や腰椎等の脊椎外科、リウマチを中心としたリウマチ性疾患の薬物的および手術的療法等大学病院と市中病院を合わせたようなバリエーションに富んだ疾患を経験することが出来ます。

主な検査項目

  • MRI
  • CT(コンピュータ断層撮影)
  • 超音波検査
  • 脊髄腔造影
  • 筋電図
  • 神経伝導速度

主な手術・処置

人工膝関節置換術、人工股関節置換術、骨折整復固定術、膝の関節鏡視下手術、関節形成術、手の外科手術、創外固定術、脊椎手術、スポーツ整形手術、硬膜外・神経ブロック、体外衝撃波疼痛治療器

研修医のとある1日

朝8時から医局員が集合しカンファレンスを行い、その日や前日の情報を共有。その後班ごとに病棟や外来、手術室に分かれる。
毎週月曜日の夕方からその週に行う手術症例等のカンファレンスを行う。

8時

前日の手術の症例や当日の手術の症例の検討、入院患者さんの問題点等、皆で共有しておく点を話し合う

9時~17時

病棟での診察や処置、手術日には手術の助手等行う

手術日は月曜日、水曜日、木曜日、金曜日です

17時半

医局カンファレンス(その週の手術症例のプレゼン、問題症例の検討)

毎週月曜日に行います