初期臨床研修について

脳神経外科のご紹介

部長 糟谷英俊教授

脳神経外科の最新の知識、最良の機器、最高の技術を維持することに常に努力し、患者さんを自分の身内と思って診療することを信条としています。

ホームページへ

診療内容

診療科の構成

脳神経外科

特徴および特色

経験豊かな脳神経外科専門医を中心としたチーム医療を、24時間体制で行っています。脳血管障害、頭頚部外傷などの救急疾患とともに、脳腫瘍、機能性疾患を中心に、全ての脳・脊髄に関連する病気の外科的・非外科的治療に対応しています。患者さんの生活を考えた治療法の選択、治療を受けた患者さんの長期ケアーを行います。

主な検査項目

  • CT
  • 3D CT血管撮影
  • CT潅流画像
  • MRI
  • 脳血管撮影
  • 脳波
  • 頚動脈超音波検査など

主な手術・処置

  • 脳腫瘍の治療(腫瘍切除、γナイフ治療)
  • 脳卒中の治療(くも膜下出血、脳血管攣縮、脳動脈瘤クリッピング、脳内血腫除去バイパス手術、頚動脈内膜剥離術など)
  • 脳血管内治療(脳動脈瘤コイリング、頚部頚動脈ステントなど)
  • 頭部外傷の治療(頭蓋内血腫除去、脳挫傷や脳浮腫の治療など)
  • 脳機能外科(顔面けいれん、三叉神経痛、舌咽神経痛、てんかんなど)
  • 小児脳神経外科(先天性奇形など)
  • 脊椎脊髄疾患、手根管症候群

研修医のとある1日

月曜日~水曜日 
7:30 カンファ室集合 研修医CT読影会 
8:00 症例検討会(月曜日:前週入院患者、火曜日:手術症例、水曜日:脳血管撮影症例) 
8:30 病棟回診 木曜日 
8:00 カンファ室集合 研修医CT 読影会 830病棟回診 
金曜日 
8:00 ナース、ソーシャルワーカー、PT、OP、STとの合同カンファ
8:30 SCU回診 その後、月曜日金曜日は病棟で受け持ち患者さんの診察、随時救急患者さんに対応します。
火曜日木曜日は手術に参加します。水曜日は脳血管撮影に参加します。

7:30

研修医CT読影会

研修医用CTを3枚ピックアップして前日に読影し、所見を提示します。脳脊髄の解剖、疾患の理解に役立ちます。頭CTを自信をもって読影できるようになります。

8:00

症例検討会

受け持ち患者さんのプレゼンを行います。月曜日は英語での発表です。患者さんを理解し、要領よくプレゼンする力をつけます。

8:30

回診

受け持ち患者さんのプレゼンを行います。患者さんを理解し、要領よくプレゼンする力をつけます。

9:00

手術

脳神経外科手術を理解します。顕微鏡手術手技を見学します。開頭、閉頭では積極的に手術に加わります。

9:00

脳血管撮影

脳血管撮影に参加し、脳血管の構造と機能を理解します。